子供の自己肯定感をはぐくむ為には怒る→叱るが大切

自己肯定感を伸ばす子育て

 

子育てをしていく中で、自己肯定感という言葉を良く聞かれる方も多いと思います。

幼稚園や保育園でも子供の自己肯定感は子供の教育や成長には欠かせない物、と保護者に話されることがあります。


とは言っても毎日子供と向き合っている中でこの自己肯定感をどうやったら育まれるのか?

子供達との毎日をただ、日々過ごすだけでなく、きちんと意味のあるものにしたい。

積み上げていきたい!と感じるようになり積極的に講演会やセミナー等に参加するようになりました。

自己肯定感とはどういうものか?

自己肯定感はどうしたら育むことが出来るのか学んだ事をシェアします。

スポンサーリンク

自己肯定感とは?


自己肯定感とは簡単に言うと

“自分は価値のある存在”

“自分の事を認め受け入れる状態”と言えます。

日本人の若者はは外国の若者に比べてネガティブ志向の人が多いと言われて
いて、平成26年度の内閣府調べによると、調査対象国の日本、アメリカ、韓国、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン、ドイツの7か国の自己認識を比較しました。
その結果、自分に満足していると答えた人はアメリカの86%、イギリス83.1%、フランス82.7%、ドイツ80.9%、スウェーデン74.4%、韓国71.5%、日本45.8%といった結果が出ています。

日本はダントツの最下位です。

同じく内閣府の調査で、心が憂鬱か?との問いにも日本はどの国に比べても憂鬱だと答えた人が多い結果になっています。


自分に満足していない、憂鬱だと答えた人が多い日本人。

これはどうしてなんでしょうか?これに自己肯定感が大きく関わってきています。

自己肯定感が低い原因


これは日本人の気質が真面目できっちりしている、社会の風潮など色々な要素が絡んではいますが、大きな1つの要因に幼少期の環境や両親や周りがどう接したかという事が大いに関係しています。

小さな赤ちゃんや子供にとって、両親や育ててきてもらった人は全面的に頼れる存在。

全てと言ってもいいほどです。

両親が子供に接する際、子供の自己肯定感を崩すような言葉や行動をとり続ければ、その子供は自分を認める力や自信が乏しい大人に成長します。

もっとさかのぼると、両親自身も自己肯定感が高いと子供にも自己肯定感が高まる接し方ができるのです。

自己肯定感を育むにはどうしたらいいか?

自己肯定感を育てるには、幼少期から自己肯定感が高まる言葉や接し方を子供に与える事が何より大切。

【子供をほめまくる】

 

日本人は人を大げさに褒めることがどちらかというと少ないそうです。

子供にとって親の言葉は絶大な影響をあたえます。

怒られて育った子供は、自分は価値のない存在なんだ。

何をやっても上手くいかないかも…。

産まれて来なければ良かったなどマイナス思考に偏りがちになります。

これとは逆に褒められて育った子供は、自分は価値のある存在なんだ。

自分は色んなことが出来る人間なんだ。産まれてきて良かった。とプラス思考に。

両親や周りは、ちょっとしたことでもまずは褒めてみましょう。

それも大袈裟かな?と思うほどに。

子供は褒められるとますます力を発揮しするそう。

9歳までは周りの価値観によって言葉を受け入れる時期だと言われていますので、言葉がまだ話せない赤ちゃんの時期からプラスの言葉のシャワーを浴びせてあげましょう。

特に何か一歩前進した時。

例えば「補助輪なしの自転車に乗れた」「前回りが出来た」「折り紙を折れた」など新たなチャレンジに成功した時は、とことん褒めましょう!

ここでネガティブな言葉を発すると、子供は頑張っても意味がない。

頑張ってもお母さんは喜んでくれない。と、その子の性格や人間性に大いに影響を与える事になるんですよね。

 

以前、テレビ番組でオードリーの若林さんが「母親との折り合いが悪い。子供の頃のある出来事があって、ネガティブな自分が作られている」と話されていました。

内容は「はじめて補助輪なしの自転車に乗れた時、その場にいたお母さんに「みて!乗れたよ!」と笑顔で報告。

その様子を見ていたお母さんから「ふらふらやん」と言われた。褒められなかった。」と…

きっとお母さんも忘れているような一言だと思うんです。

その一言が今でも引っかかっていると。。

なんとなくわかりますよね。

親の何気無い一言が子供の心にどう響くのか。

私も適当に相槌している時は多々ありますが 笑

新しい事にチャレンジして成功した時には「すごーーーい」♡と言って抱きしめています。

その時の少し照れたように嬉しそうに笑う息子が可愛いんですよね♡

 

【叱るときの注意】


褒めるばかりでは躾にならないのでは?と思いますよね。

良くない事をした時は、怒るのではなく叱る事がポイント!!!

怒ると言うのは感情的になること。

叱るというのは冷静に、これはしては良いことかな?と問い考えさす事です。

これがなかなか難しいんですけどね 笑

毎日の育児で疲れや寝不足、自由な子供の言動についイラッと感情的になりそうな時もあるかとは思います。とゆうかありますよね😅

 

そんな時は、親も人間なので深呼吸するなど感情を発散できる方法を見つける事が大事。

 

だけど、本当にイライラした時は「深呼吸」なんて発想なかなか出てきませんw

理想はどんな時でも怒るではなく叱ること。

それが出来る人間なんてなかなかいないと思います。

よっぽど悟りを開いた人間じゃないと出来ませんw

瞬間的に感情的に怒ってしまっても大丈夫。

その、後が大切。

ぐちぐち同じ事を指摘したり、注意しても子供には意味がないんですよね。

怒ってしまった場合はぐちぐち言うのではなく「まだこの子は⚪︎歳」と心の中で唱えると不思議と落ち着く事が出来ます。

まとめ


自己肯定感を育むにはまず子供を褒める、そして親の自己肯定感を育むために自分自身を褒めてみるのも良いでしょう。

自信をつけた子供は、大きくなった時に自分自身を信じられ、自分の周りの人も認めれるように成長します。

私は常日頃から「〇〇なら何でも出来るよ」「〇〇なら何にでもなれるよ」とプラスの言葉を伝えています。

その結果「俺、深海魚になるわ」やら「鳥になった後に魚になるからママ釣っていいよー」と膨大な夢をみるように。笑

何にでもなれるとは言ってるけど、そんな意味ではないんやけど…と心の中でツッコミつつ。

「ママ応援するね」と息子の描く未来を無条件に信頼する言葉を投げかけるようにしています。

子育てをしながら親も日々成長ですね。

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
神戸で子育て☺︎ゆるっと日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました