どうなる?【須磨水族館】リニューアル後の料金に反対運動も

「スマスイ」の愛称で神戸っ子に人気の「須磨海浜水族園」が市営から民営化されることになったのは、みなさんもご存知ですね?

民営化にともない、付近一帯もリゾートパークとして開発される予定だとか…。

工事は2021年度からスタートして、完成は2023年度末に全面開業を目指すらしいですよ。

須磨海浜水族園のホームページには2020年4月以降は再整備事業の設置予定者に全ての運営を引き継ぎ、2021年3月までは一部、変更するプログラム等もあるかもしれませんが、現在の施設において全園営業する方針と聞いております。」との記載。

ん?ど~いうこと?

よ~するに、今の水族館は、2020年3月末までで、それ以降は、リニューアルしながら少しづつ開園に向けて営業していきますよってことのようです。

新しい水族館は、展示とショーのシャチ棟とイルカ棟、魚類やアシカ、ペンギンがいる棟の3棟になるらしく、建物の延べ床面積(歩ける範囲の面積のこと)は、現在の1.5倍、総水量は大阪の海遊館(1万1千トン)を超えて、1万4千トンで西日本最大級の大型水族館になるようです。

市立国民宿舎「シーパル須磨」も2021年3月末で、営業終了。

新設ホテル内には、日本初のイルカとのふれあいエリアも設けられる計画で、子供たちを連れて行ってあげたいな~と思うママは、私一人ではないはず。

ただ、料金が今までとは違って、大幅にアップされるんです(かなしぃ~)。

新スマスイは、高校生以上¥3100、小中学生¥1800になるとか。

現行料金と比べると、高校生は3.9倍、小中学生は3.6倍(えっ、えっーーー!)

無料だった未就学児も4歳以上は、小中学生と同じ¥1800。

両親と小学生の子供2名の4人家族で行く場合、今までは¥3600だったのが、¥9800になる計算。

たっ、たっ、高いーーーっ!

今まで使えた小中学生が提示すれば無料になっていた「のびのびパスポート」も使えなくなるらしく…。

親子で楽しめるブック&カフェ、レストラン、グランピングなど賑わい施設3棟の設置も計画されているようなので、う~ん、この金額の高さは、今までが市営で安すぎたと思うしかないのかな…と考えてしまいますね。

料金に関しては、市民団体が反対していることもあり、開業されるまではちょっと様子見ですが、リゾートパークとしては、かなり期待大ですよね。

 

神戸新聞記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました